今回の記事

Love Languages - 愛の言語

前回、夫婦がお互いの心の中に開設した、愛の預金口座に、愛の預金を増やしていくためには、積極的に相手に対する愛を表現していくことが必要不可欠になってくる、という話をしましたが、実際にその愛を表現していくと言っても、なかなかそれは簡単なことではないこと、皆さんも十分ご承知のはずでしょう。

お互いに調子が良い時や、気分がのっているときには、愛の言葉の一つや二つもかけやすいもの。また新婚ホヤホヤで、アツアツの二人は、私たちには関係ないと言うかもしれません。でも今は、幸せ一杯、夢一杯のお二人にも、残念ですが乗り越えて行かなければならない困難はやってきます。ですから、そのような困難も乗り越えて行ける、強い愛が育まれていくことが必要となってきます。またこれから何十年も、一時の感情に左右されることのない、二人でゆっくりと温めていく、深い愛が築き上げられることも大切です。

そのような愛の関係を、これからもずっと続けていくために、そしてお互いの愛の預金口座の残高をいつも十分に保っていくために、ここで、愛の表現、または、愛し方についての新しいコンセプトをご紹介します。

人の愛の表現の方法には、大きく分けて5つあります。これはまた、逆にこの5つの方法で、自分は愛されている感じることができる、というものでもあります。これを愛の5言語と呼んでみたいと思います。それぞれ愛を表現する際に、その5言語のうちのどれかを主に使って、愛を表現するわけです。その5言語とは以下のものです。

1.言葉をもって (Words)

2.何か喜ぶことをしてあげることによって (Service)

3.贈り物、プレゼントを通して (Gift)

4.共に時間を過ごすことによって (Time)

5.スキンシップによって (Touch)

どうでしょう?皆さんの愛の言語はどれだと思われますか?

あなたがご主人に自分の愛を表現するとき、ご主人の大好物をせっせと作ってあげることで彼を喜ばせたい、などと考えるあなたの愛の言語は、2番の Service です。また、記念日や誕生日でもないのに、奥さんのためにバラの花束を時々買ってくるのが大好き!というあなたの愛の言語は、3番の Gift でしょう。育児に追われて忙しい毎日の中にも、必ず夫婦二人で心の休まるひとときを持とうと心がけているあなたの愛の言語は、4番の Time ですし、とにかくどこに行く時も、手をつないでいなきゃ絶対イヤ!というのであれば、5番の Touch といった具合です。1番の Words は、日本人男性はどうも苦手だと言う人が多いようですが、ロマンティストで名高い西洋の男性で「 I love you 」など、毎日何回も言う人がいるというのは、皆さんも耳にされたことがあるでしょう。

人間はもちろん、この5つの、どの言語を使って愛を表現されても、それが自分の愛する人からのものであるならば、嬉しいものです。プレゼントも、バラの花束も、もちろん肩も揉んで欲しいし、愛の言葉もかけて欲しい。それから、二人っきりのデートも忘れずに!これが一度にできれば言うことはないのですが、この愛の言語は時に、二人の関係に傷を付けてしまう、ということにもなりかねません。愛を表現するどころか、伝えたい愛が全然相手に伝わっていない、ということが起こり得るのですね。これは、相手の愛の言語を理解していない、というところから来る問題です。自分の愛の言語が、相手の愛の言語でもあると思い込んでしまってはいませんか?
あるご主人の愛の言語は、2番の Service でした。彼は来る日も来る日も、奥さんと生まれたばかりの赤ちゃんのために、毎日夜遅くまで残業を続け、一生懸命に働きました。自分が身を粉にして働き、出世して、2人のために頑張ることで、奥さんも彼の愛を感じてくれているだろうと思っていました。ところがどうでしょう、毎晩毎晩夫の帰りを待ちわび、子どもを寝かせ付けた後は、一人で寂しく冷めた夕食を食べる奥さんは、給料なんて少なくてもいい、出世だってしなくてもいい、少しでも早く帰って来て私のために色々な事を話す時間を取って!と心の底で叫んでいたというのです。奥さんの愛の言語は、4番の Time だったわけですね。このような例は、親子の間でも見る事ができます。

自営業で忙しい両親は、会社の運営で毎日大変です。でも、経済的には恵まれていましたから、一人息子には、誕生日だ、クリスマスだと、行事の度に欲しい物は何でも与えてきました。最新のプレステも近所の子より一番早く手に入れてやったし、アメリカから直輸入したバー二ーのビデオは、トイザラスでもまだ発売開始されていません。でも、プレゼントに愛の言葉を添えたカードひとつ付けてくれない両親の口から、ボクが一番聞きたかったのは、どんなに彼を愛し、大切に思ってくれているかという、愛の言葉だったというのです。

皆さん、自分の愛の言語をひとつ選んだら、今度はパートナーの愛の言語は何かと聞いてみてください。そして、相手が喜び、あなたの愛を一番感じることのできる言語で、あなたの愛を語ってあげてください。それが決して、自分があまり得意でない言語であっても、あなたが決断をして起こした行動によって、愛の預金口座の残高は、確実に上がっているのです。   


Jef & Aya Linscott